地方の採用支援システムのデメリット

地方の採用支援システムのデメリットとしては、これは地方にもよりますが、採用支援システムが、求められていないものが支援されてしまい、一方で、まったくいらない情報などや技術、このような知識が支援をされてしまうケースがある、ということです。これは、採用支援システムを実施されている側の方と依頼をされた会社さんなどとの間でずれなどや、問題の行き違いなどがあったために、このようなデメリットが生じてしまうわけですが、こうなってくると、何のために依頼をさせてもらったのか、という気持ちに依頼者側はなってしまいます。また、かなり時間をかけて採用支援システムを利用された場合には、それまでの時間が無駄になってしまうことも多く、逆に二度手間となってしまうことがあるのです。

需要に合っていないケースがある

地方の採用支援システムで困った問題になっていることの一つが、「需要に合っていないというケースがある」ということです。これはどのようなことなのか?というと、つまりは、「会社側としてはこのような採用支援システムを行って欲しい」という支援の援助をお願いしても、実際には的外れなものが、支援として行われてしまい、会社の求めるものと、実際に支援が実施されるもの、または支援がされたものが、ずれてしまうこがあります。こうなってくると、せっかく会社側も採用支援システムを利用させてもらったのに、という後悔が残ると同時に、お互いに感覚にズレが生じてしまっているため、特に現場で指導をされる責任者の方が、とても苦労をされてしまう結果になります。この理由は、一から、結局として仕事を教える必要などがあるからです。

現場で使えない場合があることも

地方の採用支援システムのデメリットとしては、「採用支援システム」を受けさせてもらったものの、実際には、現場において使えない、そのような人材が来てしまった、ということがあります。これは、指導方針などが間違っているために、起こってしまうことなのですが、採用支援システムを受けさせてもらった方が、実際に会社などの現場で、いざ仕事を行おうとしても、そのシステム的に誤った情報、または不要な情報ばかりを支援されてしまったことから、まったく現場で意味をなさない、といった悲しいことが起こることがあります。そのため、これは、支援を受けた方も悲しいですし、同時に現場ですぐに働いてもらいたい、と思っていた方にとっても、とても悲しいことになります。特に即戦力として、力を求めている繁忙な現場ほど、このショックは大きいです。