地方都市の採用支援システムを有効に活用する方法

地方都市における労働力の確保は、その都市の活性化や財源にも大きく影響することから、企業だけでなく地方自治体が誘致企業向けの採用支援を行ってケースも少なくありません。そのため、大学などで都心に出ていた人たちが、就職を機に地元に戻るケースも徐々に増えています。UターンやIターンを希望する人にとっては、住み慣れた街とはいえ、就職するとなればその企業の労働条件や将来性は、非常に興味深い要素であるとともに不安要素でもあります。こういったニーズ的確に応えることで、優秀な人材は確実に集まってきますから、企業にとっても自治体にとっても大きなメリットとなるのです。また、地方都市での就職を考えている人にとっては、自分の知りたい情報が簡単に収集できるようになりますから、就職しやすくなるというメリットがあるのです。

地方都市の採用支援システムの活用例

自治体の採用支援で多いのが、採用支援サービスのサイト内に、特定の地方自治体に特化した特集ページを開設し、この地方自治体の産業活動や誘致した企業の事業展開などの情報を掲載することです。さらに、誘致企業の求人募集を掲載し、各企業の採用支援システムに連動させることにより、各企業は求人の募集経路を新たに確保することになり、その他の募集経路とともに、求人の一括管理が可能となります。就職を希望する人にとっては、その地方自治体にどのような企業が誘致されているのかを、一括して調べることができるので、手間をかけることなく様々な企業の事業内容や労働条件を比較することができますから、より自分に適した企業を見つけることが可能となります。まさに、企業、地方自治体、就職希望者の利害が一致したサービスと言えるのです。

地方自治体が採用支援システムに参入する理由

採用支援システムを導入することにより、企業の採用事務は大幅に効率化が図られます。特に求人の募集作業は、地方自治体がシステムを構築することにより、格段にその信用度が上がり応募数も増加傾向となり、安定的な労働力が確保できます。つまり、自社で採用支援システムを構築するよりも、コスト面を含めたメリットが大きいのです。地方自治体としても、今後、誘致を検討している企業に対して、その地方自治体における求人数や応募数をデータ化し提供することができますから、より積極的に誘致活動が行えるといった利点がありますので、システムの構築に経費をかけるだけのメリットがあるのです。今後、地方自治体は活性化に向け、さらに採用支援システムの高度化を推し進め、企業の誘致が盛んになることが予想されます。地方都市への就職を考えている人にとっては、さらに不安要素が取り除かれ、就職しやすい環境が整うことになるのです。