地方都市の採用支援システムとは

選考スケジュールの調整や、応募してくれた方の管理、エージェント会社との情報交換など、一人社員を採用するだけでも、物凄い費用と時間が発生します。特に地方都市は、人材不足が深刻化していますので、雇用機会を逃すと大きな損失に繋がります。そんな人材を採用するのにまつわる業務の効率を上げて、発生する費用を抑えるのが採用支援システムのメリットになります。そのため、地方都市でも積極的に導入されています。採用支援システムには応募を受け付けすることにまつわる機能や、選考を管理することにまつわる機能、電子メールを配信することにまつわる機能などが搭載されています。これらの採用支援システムに搭載されている機能は全て、地方都市の採用活動の活性化に役立ちます。

応募を受け付けすることにまつわる機能

地方都市の企業の人材部門は、それぞれの応募フォームやエージェント会社により、管理がバラバラになっていることが多いです。採用支援システムの応募を受け付けすることにまつわる機能は、この、応募してくれた方のバラバラに管理していた情報を一元的に管理して、地方都市の採用にまつわる業務を効率化してくれます。応募してくれた方の情報をホームページに簡単に掲載できる機能や、エージェント会社から応募してくれた方のデータを受け取って一緒に管理することができる機能が搭載されています。地方都市で導入されている採用支援システムは前もってフォーマットが用意されていることが多いため、HTMLを扱うことができなくてもフォームを簡単に作ることが可能です。面接や説明会のスケジュールが決まった時点で、確認メールを応募してくれた方に自動的に送信してくれます。

選考を管理することにまつわる機能

地方都市に導入されている採用支援システムの選考を管理することにまつわる機能は、応募してくれた方を選考する進捗状況を確認したり、応募してくれた方だけでなく、選考するスタッフのスケジュールを調整したりして、選考管理にまつわる作業を見える化し、地方都市の人材採用業務を効率化してくれます。具体的には応募してくれた方のデータを年齢や所属大学、性別などの検索条件で絞り込んだり、応募してくれた方の個人情報を確認することができるようになります。応募してくれた方の絞り込みにかかる時間や、手間を減らすことができます。そして応募してくれた方と選考するスタッフに面接の前の日にメールを自動送信してくれる機能もあるので、面接日を忘れるトラブルを防止することが可能です。このように、採用支援システムは地方都市の人材採用業務を強力にサポートしてくれます。