地方の採用支援システムのメリット

企業にとって優秀な人材を確保することは、事業基盤を確立し、業績を上げていくためにはとても大切なことです。しかしながら、優秀な人材は都心部に集中する傾向にあり、地方都市では求人はあるものの、なかなか応募者が集まらないといった実態もあり、自治体が就業支援を行なっているところも少なくありません。そこで各会社の人事採用担当者はインターネットやハローワークなど、様々な媒体を通じて求人を募集しているのが実態ですが、こうした募集にかかる労力もさることながら、選考、採用といった労力が大きくのしかかり、採用までのスピードが遅くなるという課題がありました。こういった課題を解消するのが、採用支援システムであり、地方においても急速に導入する会社が増えており、その効果を発揮しています。

採用サイトの作成に関するメリット

求人広告を掲載する媒体も多岐にわたり、定番のハローワークやインターネットのほか、フリーペーパーや新聞折込みなどがあります。特に地方の場合、都心部からの労働力を確保しようとすると、インターネットが一番の募集経路となりますが、サイトを一から作成することになりますが、相当な労力を要します。また、せっかく作成しても魅力あるサイトでないと、自社の魅力を伝えきることができません。こうした採用サイトの作成管理も採用支援システムでは、専用のフォーマットが用意されていますので簡単に作成・更新ができます。また、複数のサイトを作成した場合、応募者の管理が面倒になりますが、採用支援システムを利用すれば、一元管理が可能となり、その時点の応募者数がすぐに把握できますので、会社にとって大きなメリットになります。

選考進捗管理への活用に関するメリット

採用事務において、最も手間を要するのが採用までの進捗管理です。数ある応募者について、選考試験の実施案内の送付や、その結果、また面接案内の発出状況など、実際に採用通知を送付するまでに、いくつものチェックポイントがありますが、それを一人ひとり管理することは、とても労力の必要なことです。特に地方の場合、競合他社との競争になる可能性が高く、選考結果の遅れが致命傷になりかねません。採用支援システムであれば、異なる応募経路から応募者を一覧にし、採用までも進捗状況を一元管理してくれますから、ミスを最小限に抑えることができますし、何より、小人数で迅速な対応を行うことが可能ですから、コストの大幅な削減につながります。ただし、採用支援システムに頼り過ぎて、人為的なチェックを怠ってしまうと、大きなミスにつながる可能性があることが唯一のデメリットです。従って、入力内容の確認はしっかりと行うことが大切です。

非正規雇用領域の「採用改革」とも言うべき「リクオプ」は、今後もお客様の採用課題解決、事業成長への貢献をコミットしていきます。 アルバイト・パート採用は事業の成長の肝となっているはずが、実状はまさにブラックボックス。 採用本部用、拠点(店舗)用に最適化された管理画面のほか、SV(スーパーバイザー)向けの専用管理画面も。 採用支援システムの見直しは【リクオプ】をご検討ください